ようこそ、えのきど母乳育児相談室のWebサイトへ

当相談室では桶谷式マッサージによって、おっぱいや育児に関する皆様のお悩みを解決させていただいております。
桶谷式ではマッサージのことを手技と呼びます。桶谷式手技にはこのような特徴があります。
 

痛くないマッサージ

痛みがないので、手技中に気持ちが良くて眠ってしまうお母さんもいらっしゃいます。
手技で肩や背中のコリがほぐれる方も多いです。
痛いマッサージはおっぱいを出すホルモン「オキシトシン」の分泌を下げ、母乳の出が悪くなってしまう場合があります。
 

おっぱいの出や乳質の向上

おっぱいの出や乳質を良くします。
おっぱいにたまった古いお乳を出し、おっぱいの奥の循環を良くすると、湧いて出てくる新鮮な母乳が出ます。
母乳は血液から作られますので分泌がUPし、おいしくなったおっぱいを赤ちゃんは喜んで飲みます。
 

陥没・扁平乳頭、変形した乳頭の矯正

陥没・扁平乳頭、変形した乳頭を矯正します。
基底部にゆるみが生じると乳輪、乳頭の伸びが良くなり、飲みやすくなります。
また、飲みグセや舌の長さによって変形した乳頭を矯正します。
 

乳頭の損傷、乳腺炎の予防

個人差がありますが、基底部がほぐれても、またかたくなってしまいます。
かたいままですと乳輪、乳頭もかたくなり、亀裂や水泡の原因になったり、授乳後のチクチクする痛み、乳腺炎の原因にもなりますので、乳房の管理として定期的に通われることをおすすめします。
 

断乳時など、不要時の母乳の分泌を抑制

母乳を止めるお薬を服用しなくとも、分泌は抑えられます。
なるべく自然なかたちで母乳を残さず止めていくことをおすすめします。
断乳をお考えの方は予定の1ヶ月前から相談にいらしてください。
 
 

桶谷式乳房管理手技とは

桶谷式の手技は、桶谷式で基底部と言われている、乳腺体の後ろ側と大胸筋の間を主に操作します。この基底部にゆるみがあることがいいおっぱいを出すのに重要だと言われています。

手技を行えるのは、3年以上の経験のある助産師が桶谷式乳房管理法研修センターに入学し、1年間、手技の方法、技術等を学び、桶谷式乳房管理法認定者として認められた者だけです。

認定を受けた者は桶谷式乳房管理法研鑽会に入り、認定後も定期的な勉強会などで研鑽を重ねていきます。
 

最新情報

2017年8月3日
お知らせ
時短診療日のご案内(8月)
2017年6月26日
お知らせ
時短診療日のご案内(7月)
2015年10月13日
お知らせ
移転のお知らせ

このページの先頭へ